2016年9月19日月曜日

稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方

稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方

Amazon評価★4.0
Amazonレビュー114件




【感想】

シンプルにいえば、「事業、起こそうぜ。」
裏付ける理由がたくさん載っていました。

大学生のときには、月30マン稼げていたとか
センスがいいんだろうな。
粉飾決算で刑務所に入りましたけどね。

それはさておき、何かやりたいな~と考えていたときに
読み直すと、背中を後押ししてくれる1冊だと思います。


内容紹介

大阪近鉄バッファローズ買収に名乗りをあげて話題を呼ぶ、「株式会社ライブドア」社長・堀江貴文が自身の最新の仕事術・経営哲学をすべて見せる。
●「中流民」は実質「下層民」●「成り上がり」の手本がなくなった●二〇代は搾取されている●最大の歪みは給与体系●「貯金をしなさい」は間違っている●アルバイトはすぐにやめよ●若いうちに悟ってはいけない●子どものゲーム離れの真実……
「僕はごく短期間で会社を立ち上げ、三〇歳で一〇〇億円を稼ぎだしましたが、こういう世界のビジネスチャンスは、旧態依然のオヤジ世代にはつかむことができません。これまでの社会システム・会社システムのなかに安住してきた人たちには、今後ますます苛酷な未来が待っていることでしょう。(中略)この本が、皆さんが一〇〇億円を稼ぎ出すヒントになればと思っております。
 稼ぐが勝ち、です。」(「はじめに」より)

0 件のコメント:

コメントを投稿