2016年6月23日木曜日

ザ・マインドマップ

Amazon評価★3.5
Amazonレビュー91件
世界1000万部刊行
読破。










【感想】
かつて、上司が使っていたマインドマップの図。
まさに、この本がガイドしていたことだった。

知らないことが多すぎて、きちんと吸収してアウトプットしたい。
読んですぐに3個ほど軽いマインドマップを作成した。

3回くらい読みたい。


著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ブザン,トニー
マインドマップの発明者であり、脳と学習の世界的権威。ブリティッシュ・ペトロリアム、GM(ゼネラルモーターズ)、ウォルト・ディズニー、IBM、ブリティッシュ・エアウェイズなどの多国籍企業でアドバイザーを務め、国際的な主要企業、大学、学校で定期的に講演を行っている。2000年には、英国、シンガポール、メキシコ、バーレーン、クウェートなどの湾岸諸国、リヒテンシュタイン公国などの政府および政府機関で主要な教育構想に着手している

ブザン,バリー
ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)の国際関係学の教授。1995年から2002年まで、ウェストミンスター大学の国際関係学科の研究教授とコペンハーゲン大学の平和紛争研究所長を務め、1988年から90年まで英国国際関係学会の会長も務めた。1970年以降、弟のトニー・ブザンとともにマインドマップの開発に熱心に取り組む

神田/昌典
上智大学外国語学部卒。ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士(MBA)。外務省経済局、米国家電メーカー日本代表を経て、経営コンサルタントに。現在、企業家教育、心理カウンセリング、加速教育等の分野にて複数の会社を経営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

0 件のコメント:

コメントを投稿