2016年6月23日木曜日

キレる女懲りない男―男と女の脳科学

amazon評価★4.0
レビュー50件
読破。



【感想】
男女脳の違いについて。
読んだ理由は、前の職場で仕事を進めるときに女と思うようにいかなかったから。
対処法がわからなくて困ったから。
学んでる最中。
あと母上の対処法を知るためでもある。


キレる女懲りない男―男と女の脳科学

内容(「BOOK」データベースより)

些細なひと言に突然キレる。昔のことを蒸し返す。とりとめなく関係ない話をする。思い込みが激しい。根拠なしに「絶対これがいい」と断言する。まったく女は厄介だ。確かに女性脳は厄介だが、それゆえに潜在能を秘め、扱い方を間違わなければ、強い味方になって奇跡をも起こす(間違えれば敵になる!)。本書では、男女脳の違いをつぶさに解きながら、わかりあうための処方箋を示す。職場の人材活用に使え、恋愛指南になり、夫婦の老後の備えともなる究極の男女脳取扱説明書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

黒川/伊保子
1959年長野県生まれ。栃木県育ち。奈良女子大学理学部物理学科卒。(株)富士通ソーシアルサイエンスラボラトリにて人工知能(AI)の研究開発に従事した後、コンサルタント会社、民間の研究所を経て、2003年(株)感性リサーチ設立、代表取締役に就任。脳機能論とAIの集大成による語感分析法を開発、マーケティング分野に新境地を開いた、感性分析の第一人者。また、その過程で性、年代によって異なる脳の性質を研究対象とし、日常に寄り添った男女脳論を展開している。倉敷芸術科学大学非常勤講師。日本感性工学会評議員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

0 件のコメント:

コメントを投稿