2016年6月11日土曜日

脳に悪い7つの習慣

Amazon評価★4.0
レビュー数92件
読破。



【感想】
非常にオススメ。

タイトルから薄っぺらい感じがあったが
内容は素晴らしい。
勉強してる受験生向き。
一番の衝撃は、「ゴールが近いと感じると脳の血流が減り、パフォーマンスが下がる」


『脳に悪い7つの習慣 (幻冬舎新書』

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
林/成之
1939年富山県生まれ。日本大学医学部、同大学院医学研究科博士課程修了後、マイアミ大学医学部脳神経外科、同大学救命救急センターに留学。93年、日本大学医学部附属板橋病院救命救急センター部長に就任する。日本大学医学部教授、マイアミ大学脳神経外科生涯臨床教授を経て、2006年、日本大学総合科学研究科教授。08年、北京オリンピックの競泳日本代表チームに招かれ、「勝つための脳」=勝負脳の奥義について選手たちに講義を行い、結果に大きく貢献する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

0 件のコメント:

コメントを投稿