2016年6月11日土曜日

脳が突然鋭くなる「短時間」睡眠法―成功者が実践する5つの快眠ルール

Amazon評価★4.5読破。

【感想】
短時間睡眠のためには、
・食べ物は減らす。
1日3食なんていうのは人類の歴史でつい最近始まったばかりの習慣でしかない。
・適切な排泄と排便を日常的に。
・大便の色や匂いを確認し、健康状態の確認をする。
・運動をする。
・心、ストレスをためない。
・環境
・状況に応じた寝方
・寝るときの温度調整

などなど、単純に睡眠時間を減らすのではなく
生活全体を見直し、短時間睡眠ができる
身体づくりと精神づくり、環境づくりをすることが大事。

著者は400冊も書いてるライター。

脳が突然鋭くなる「短時間」睡眠法―成功者が実践する5つの快眠ルール

著者
藤本/憲幸
1947年生まれ。「ヨガの第一人者」として国内外にヨガブームを巻き起こし、テレビ「ズームイン!朝」では1年間にわたり、数々の「頭のいい睡眠法」を指導、大評判を呼ぶ

0 件のコメント:

コメントを投稿